手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話 ネタバレ 感想 見どころ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話のネタバレ、感想、見どころを紹介しています。



手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話ネタバレと感想

早速『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』のネタバレと感想をご紹介します!

手塩にかけた娘 第1話ネタバレ

中村俊樹は大手ソフトウェア開発会社に20年務めるシステムエンジニア。

20年も務めてやっと主任になった俊樹は、自分が出世が遅れていることはわかっていた。

 

社内では様々な才能を持った若手が活躍していて、自分の居場所が段々と狭くなっていくのを感じる毎日だった。

 

そんな俊樹には自慢の一人娘がいた。

 

名前は陽葵(ひなた)。

しがない毎日を送る俊樹にとって、太陽とも思える存在だった。

 

疲れて会社から帰ってくると、毎日玄関先までお出迎えをしてくれるかわいい娘だ。

 

年頃の女の子なのに父親になついてくれて、食事時には「あーん」までしてくれる。

 

控えめに言って最高だった。

 

しかし俊樹にはある悩みがある。

その愛する娘と全く似ていないことだ。

 

幼稚園の向かえや散歩のとき、はたまた同僚との飲み会で写真を見せた時など、すべてにおいて俊樹と陽葵が似ていないと言われる。

 

ここまで言われると俊樹はある疑問を持つようになっていた。

 

陽葵は本当にオレの子なんだろうか?

 

そんな悩みを抱えた俊樹はある行動に出る。

 

それは陽葵と自分とのDNA鑑定だった。

 

DNA鑑定の結果が届く日、誰にも気づかれずに受け取るために俊樹は有休をとっていた。

 

結果に書かれていたのは「父権肯定確率0.0000%」。

つまり俊樹は陽葵の生物学的には父親ではないことがDNA鑑定で確定してしまったのだ!

 

そこに陽葵が学校から帰ってきた。

 

ただいまー

 

陽葵が他人だったと知ってしまった俊樹は、陽葵から放たれる女子高生ならではの匂いに股間を膨らませていた。

 

もはや陽葵は他人なんだ。ただの女だ。

他人だったらヤっても問題ないよな!

 

そう思った俊樹は陽葵に襲い掛かった。

 

自分がここまで育てた女なんだ、自分には食べる権利はあるだろう。

かなり偏った考え方だったが、俊樹の絶望はそこまでのモノだったのだ。

 

陽葵を家畜の肉に例えてしまうほど俊樹は絶望の淵に立っていた。

陽葵を実際に食べてしまわなければ自分が壊れるくらいだった。

 

もちろん陽葵は抵抗していたが、自分が悪いことをしたから怒られているのだと思っていた。

 

やめてお父さん!私何か悪いことした?

俺はお前のお父さんじゃない、他人なんだ!

 

新事実を突きつけられた陽葵はショックを受ける。

 

しかしそのショックを味わう時間も与えず、俊樹は陽葵の制服を剥いだ。

 

たわわに育った乳房が露わになった。

 

すげーでかいな!HからIカップはあるんじゃないか?

クラスメイトもお前とセッ〇スしたいと思っているだろうな

 

俊樹は慣れた口調で言葉攻めをする。

 

陽葵の母親が好きだった乳首攻めをすると陽葵も気持ちよさそうによがった。

やはり母親とは血がつながっているんだな、と俊樹は確信した。

 

俊樹はおもむろに下半身に手を伸ばしていく。。

 

陽葵の絶望の夜はまだまだこれからだった…。

▼▼下の画像から無料で試し読み♪▼▼


▲▲買っても1話88円でお得♪▲▲

手塩にかけた娘 第1話感想

ついに配信された2020年期待の作品『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第1話。

チンジャオ娘先生と小桜クマネコ先生のコラボ作品ですから面白くないわけないと思っていました。

しかしやはり期待を超えてくるのがさすがです!

 

それでは第1話を読んだ感想を書いていきますね。

 

まず、俊樹が陽葵を襲うに至った理由がわかるように物語が進んで行くのが良かったですね。

作品名から大体理由はわかるんですが、ちゃんと説明があることで、

「あぁ俊樹さん、そりゃあ絶望よな。自暴自棄になっちゃうよなぁ。」、

と読者に納得感を与えているんです。

 

この部分があるのとないのとでは恐らく後半部分のエロが引き立たないでしょう。

ただのおかしなおやじが起こした事件になっちゃいますからね笑

 

後半のエロ部分は陽葵の表情とおっぱいの肉感、重量感の表現がGOODです。

突然父親に襲われる時の表情、父親じゃないとわかった時の表情、どんどん裸にされる時の表情、どれをとっても感情が伝わってきて股間をうずかせてくれました笑

陽葵のおっぱいも作品内で俊樹が言っている通り爆乳なんです。

それがちゃんとわかる画力!

正直ヌケます!!(てかヌキました(秘密ですよ))

 

続きの第2話が早く読みたくなっていたので即購入笑

第2話のネタバレ感想記事をアップしました!

▼▼下の画像から無料で試し読み♪▼▼


▲▲買っても1話88円でお得♪▲▲

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話見どころ

ネタバレと感想をお届けしましたが、見どころも整理しました。

  • 見どころ①:父親が娘を襲う理由
  • 見どころ②:信頼していた父親に襲われる娘の表情
  • 見どころ③:でかすぎるおっぱい

こちらを読むだけで『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第1話を読むかどうか検討できるようにしましたのでご覧ください。

第1話見どころ①:父親が娘を襲う理由

第1話の見どころは何と言っても父親である俊樹が娘を襲うまでに至った理由のストーリーですね。

第1話の大部分を使ってしっかりと描いていました。

この部分があるからこそこの作品は成り立つんだと確信しています。

 

実際自分が同じ立場だったらどうするだろうか。

 

そんな考えさせられるところもあり、かわいい娘をただ襲った父親に終わらせていないのが良いですね。

さすがチンジャオ娘×小桜クマネコ作品です。

前作の『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』も同様に考えさせられるストーリーだったなぁと思いました。

第1話見どころ②:信頼していた父親に襲われる娘の表情

次に陽葵が俊樹に襲われるところの表情が見どころの一つです。

第1話の前半で娘の陽葵が明るく元気なキャラクターであることがわかります。

クルクル表情が変化して常に笑っているような娘です。

 

そんな陽葵が信頼していた父親に襲われるので、表情はだんだんと暗くなっていきます。

 

襲われた直後は父親が冗談でやっていると思っている表情。

その次は自分の父親が本当の父親ではないと知らされた時の表情。

またその次は服を脱がされておっぱいをあらわにされて恥ずかしそうな表情。

最後は乳首を攻められて感じているが我慢している苦悶の表情

 

もう最高ですね。

 

陽葵の表情の描写は是非見て頂きたいです。

第1話見どころ③:でかすぎるおっぱい

最後は単純に陽葵のデカいおっぱいです笑

 

実際かなりの爆乳で揉みごたえがありそうですよね。

 

俊樹が言うには子どものころはぺったんこだったので、相当な成長を遂げたようですね。

どんどんでかくなっていく様子を想像するとまたエロいです。

 

乳首もピンク色でおいしそうなのもよいですね。

ここだけでご飯3杯イケる感じのオカズです。

 

この爆乳は一部広告でも出ているのでタダで見ることができますが、

その他のおっぱいは試し読みか購入しないと見れないのでご了承ください。

ちなみに1話なんと88円!ジュース買うより安いのでオススメです笑

▼▼下の画像から無料で試し読み♪▼▼


▲▲買っても1話88円でお得♪▲▲

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話 ネタバレ 感想 見どころ まとめ

第1話から見どころ満載の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』でしたね。

第1話は父親が娘が自分の子じゃないと判明するまでのストーリーがあるので、この作品を味わうのに必読の話です。

是非読んでみてくださいね^^

また、こちらのページでは
『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』を全話ネタバレしています。
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでを無料でネタバレしちゃいます!

このページには掲載していないネタバレ情報、配信情報なども紹介中です。

お時間があれば是非、遊びに寄ってくださいね。

 

最後まで『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』1話ネタバレを読んで頂き、ありがとうございました。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第2話のネタバレはコチラ>